せどりの基本となること

NO IMAGE

ネット副業の一つとしてせどりという行為があります。
せどり自体は既に珍しいことではなくなっています。
せどりの重要なところとして、何を仕入れてどこで販売するのか、という部分があります。 極端な話、売れるのであれば別に何でも仕入れてよいです。もちろん、それは扱うことが禁止されていないものという前提ではあります。例えば昔はコンサートチケットなどはかなりリスクが低い転売商品で人気がありました。
なぜかと言いますと明らかにプレミア化するチケットというのも分かっているので、とりあえず申込みだけやっておく、ということができたからです。
しかし、いまではコンサートチケットなどの転売行為は明確に禁止されていますから取り扱わないようにする必要性があります。このようにせどりであるからといって何でも扱うことができるというわけではない、というのは理解しておきましょう。
さて、どこで仕入れるのかということですが意外とお勧めできるのは家電量販店です。家電量販店なんかで仕入れる事ができるのか、と思うかもしれませんが要するに特別に安く売っているものを狙っていくという形になります。
セール品、ワゴン品、或は特別に割引で買えるクーポンがある時などに仕入れるようにするとよいでしょう。売れるかどうかわからないけど安いから、というので買うのではなく、その場でしっかりと今現在、転売して利益が出るのかというのを確認することです。そうしたことがすぐに確認できるツールがいくらでもあります。
バーコードなり商品名なりで検索をして今現在、どこのサイトでいくらくらいで売られているのか、どのくらいの売上推移となっているのか、といったことまで調べることができます。
適当に仕入れるのではなく、せどりにおける仕入れの基本は今現在、即座に利益が出るものであるのか、すぐに売れるものであるのかどうか、ということです。その点を確認して安定的に利益を出すようにしたほうがよいでしょう。
せどりはとにかく仕入れたものをどんどん早めに利益確定させていくことが重要になります。何でもよいから仕入れるのでなく、明確にその時に売れるものだけをやるだけでリスクを下げる事ができるようになります。そこがとても重要なことになります。
仕入れる場所は様々ですが売る場所は意外とみんな似たり寄ったりのところを使っています。アマゾン、ヤフーオークション、メルカリあたりが一般的な転売先です。